化粧品開発

化粧品開発

      化粧品開発 はコメントを受け付けていません。

理系の女性に人気の仕事

理系学部を専攻する女性の割合が年々増えてきている現在ですが、その中で多くの女性から就職先として希望されている職種の一つが「化粧品開発」です。

化粧品開発は国内外の化粧品メーカーに就職をして新たな製品開発をしていくための研究をするための仕事です。

化粧品は女性の身だしなみとして使用される日用品であるとともに、ブランドや流行が大きく製品の売上を左右するファッション製品の一つでもあることから、実際にそれを日常的に使用する女性の感性は製品開発においてとても重要です。

実際化粧品メーカーでは技術職に女性を優先的に採用するところも多く、理系の専門的な知識だけでなく実際にそれを使用する人の側に立った開発をしていく人材が求められています。

化粧品開発においては、見た目の美しさや色の乗り方といった実用面だけでなく肌質にあった負担のない製品を開発する必要があるという高度な技術が必要になります。

新製品を開発するときには製品それ自体だけでなく使用感やイメージ、広告宣伝の内容ともマッチングさせたものにしていくことになるため、研究室で技術職の人とだけ顔を合わせるのではなく他の関連スタッフとも多く連携をとっていくことが必要になってきます。

化粧品開発者になるためにとっておきたい資格

化粧品開発者という仕事は特定の資格を持った人の職業名称というわけではなく、化粧品開発の現場にいる人をざっくりとまとめるときに使用する言葉です。

ですので何か特定の資格がなければ絶対に就くことができないということはありません。

ですが先に説明をしたように化粧品という品物の性質上求められる技能はかなり高いものとなってくるため、ほとんどの人は実際の求職活動の前に何らかの専門的な資格をとっています。

化粧品開発者として事前に取得をしておくと便利な資格としては「化粧品製造所責任技術者」といったものがありますが、他にも薬品全般を扱うことができる「危険物取扱乙種4類」や「特定化学物質・四アルキル鉛等作業主任者」といったようなものも有用です。

「毒物劇物取扱責任者」「有機溶剤作業主任者」といったものも取得をしておくことで薬品の取扱が全般的にできるようになります。

もしくは大学において薬学を専攻し薬剤師の資格免許を取得することでそうした薬品類全てについての作業を行うことができるためそうした方法もおすすめです。

薬品そのものについての知識も必要ですが、同時に人の体についての知識も必要となるため、医療系の学習をしたり生物学を専攻したりすることでさらに化粧品開発者として適切な能力を身につけることができます。

化粧品開発者に向いている人材

化粧品開発者は数多くある研究開発職の中でも最も「感性」が多く求められる仕事と言ってもよいくらいです。

化粧品を実際に使用するユーザーが望むことは「美しくなりたい」ということに尽きますが、そのための方法として「肌質を改善する」「美しい色を使いたい」「使いやすい製品が欲しい」といった多くのものがあります。

ですので化粧品開発者として勤務をしていくための資質として、確かな薬品・薬剤に関する知識があるということの他に、自分自身が流行やユーザーニーズに好奇心を持っていくことができることが挙げられます。

最近では女性だけでなく男性にも美容に強い興味を持つ人が増えてきているため、今後は男女関係なくどういった化粧品・美容製品が求められていくかということを考える能力も必要になってくるでしょう。