会計

就転職に有利な資格一覧

      就転職に有利な資格一覧 はコメントを受け付けていません。

現在の仕事にプラスαをするための資格

理系と文系の境界が曖昧な複合的な職種が増加する傾向にあります。

例えば理系として製品の開発研究をするときにも、ユーザー心理を意識した商品を作り出していったり、手にした人の感性に訴えかけるような要素を入れたりする力が求められてくるというようなケースです。

研究職として仕事に就くとしても化学的な知識があればそれで十分というわけではなく、複数の技能、特に全く異なる分野の知識や技術があるとそれが思わぬ形で生きてきます。

化粧品開発や衣料品開発といったセンスが問われる分野では特にその傾向が強く、専門の理系資格や学問の他に「カラーコーディネーター」や「アロマ検定」「インテリアコーディネーター」などの資格があると実務で生かせる機会が増えてきます。

将来を意識するなら経営・会計の能力も必要

若いうちは一研究者であっても、年齢が高くなってくると管理職や経営の仕事を任される機会も増えてきます。

また将来的に独立開業を考えているなら、できるだけ早いうちから会社経営にかかわる知識を備えておくのが便利です。

「簿記検定」や「税理士」「中小企業診断士」といったものは会社経営の基礎的な知識を得るものなので、勉強しておくことで就職をしたときに実務に生かしていくことができます。

また「弁理士」や「知的財産管理技能士」といった開発物の権利を取り扱うための資格があると、自分の研究を守っていくことができます。