理学生は学校推薦が就職に有利!

      理学生は学校推薦が就職に有利! はコメントを受け付けていません。

理学生は学校推薦の就活をしない?

あるアンケートをみると、就活で学校推薦がもらえるという状態でも、理学生は学校推薦を利用しないことの方が多いという結果が見られます。
実際の就職活動の中で学校推薦を利用する場合、メリットがあるのかどうか、これが大きなポイントとなります。

実は多くの理学生が、学校推薦で就活を行うといい結果にむすびつかないと思っている人が多いといわれているのです。
本当にメリットがないのか、学校推薦についてよく理解しておく方がいいと思います。

理系学生は就活に学校推薦を利用した方がいい

理系学生は学校推薦を利用するといい方向にいかないと思っている人が多いのですが、実は学校推薦を大いに利用すべきなのです。
学校推薦では工学部の学部が多く、企業が求める知識、専攻を満たすと思われる学校に推薦求人が出ます。
企業としてはゼネコンや自動車メーカーなど大手が推薦求人の大半を占めているといわれているのです。

教授、研究室の力量は関係なく、企業が求める専攻について満たす人に推薦状がかかれるので自分があっていると思われる企業の学校推薦があるのなら利用しておくべきといわれています。

学校推薦は就活する方、雇用する方、お互いによき点が多い

学校推薦は、求人を求める方、求人を探す方、両方にメリットが高いといわれている方法なのです。
企業は就活に掛けるコストを推薦求人で減少させることができますし、より質の高い、技術、能力を持った学生を得ることができます。

学生は自分がしたいと思う仕事を探すことができ、就活に時間を掛ける事もないので、大学の研究にも、学生生活を使って行う事が出来るというメリットもあるのです。
就活には通常時間がかかるのですが、学校推薦の場合、その就活の時間を短縮できるというメリットも持っています。

学校推薦を受けたい企業の説明会は必須

学校推薦で就職したいという気持ちをもっている場合、企業説明会は必ず出てくことが必要です。
というのも、学校推薦について縁故採用がいつも話題に上がってきます。
これは研究室、教授の力、コネで衆力が決まるというものです。
しかし理学生にはこの縁故はほぼ関係ないと思っていた方がいいといわれています。

研究室の知名度が高いという場合、これは大きなポイントになりますが、理学生の場合には就職を決める決定になることは少ないのです。
また学校推薦というと、学校説明会にいかなくてもいいと勘違いする人もいますが、企業説明会はかならず参加し、企業の雰囲気を感じておくことも必要といわれています。
説明会に参加することで、その企業でどういった仕事が行われているか理解できますし、先輩社員の方々も来ているので、イメージがわきやすいのです。