理系女子のベストな就活服

      理系女子のベストな就活服 はコメントを受け付けていません。

理系女子も就活スタイルは基本的に一緒です

就職活動の時期になると多くの学生さんがリクルートスーツに身を包み、新しい鞄をもって颯爽と歩いている姿をみます。
社会人から見て、ああいう時期もあったなと懐かしく思いますが、就活している本人たちは今、とても大変な時です。
就活スタイルというと、通常リクルートスーツとなりますが、メイク、また季節に合わせたイメージ等も考える事が必要となります。

理系女子はメイク、ファッションという事に疎いという人が多いので、就活に沿ったファッションを勉強することも必要です。
面接する先、そして季節、自分のイメージを大切にしながらうまく就活スタイルにもっていけるようにしていくことも大切だと思います。

就活ファッションの基本的スタイルを理解しよう

就活スタイルの本的なファッションというと、黒いジャケット、白のシャツ、黒スカートか若しくはパンツというスタイルです。
スカートの丈は座った時に裾が膝に載るくらいの高さにします。
ストッキングは黒NGです。
通常、肌色よりもちょっと濃い色を選択しますが、ストッキングは伝染しやすいので替えのモノをもっていくことも忘れないようにします。

靴はヒールが高過ぎない5センチ以内のものが望ましく、通常はストラップなどなしの方が無難です。
靴のストラップがOKとなるのは、マスコミやIT関連企業で通常の企業はNGという所が多くなっています。

髪の毛ですが、ショート、ロングに係ることなく、しっかりとまとめて、遊びの毛を作らない事が基本です。
今はやりのニュアンス系ではなく、特に髪の毛がロングという場合にはしっかり結び、前髪は眉毛が見えるようにセットすることが通常のスタイルになります。
耳のラインに髪の毛をまとめるとアクティブ、うなじでまとめると知性を感じるスタイルとなるので、企業によって使い分けするといいです。

就活でクールビズってあるの?

就活もクールビズでいいのかという質問もかなり多いようですが、日本経済団体連合会の指針をみると、企業の判断に任せるという事になっています。
採用面接の際に、「クールビズでよし」と書かれている時には、ノージャケット、シャツ、スカートというスタイルでいいと判断出来ますが、不安な場合には通常通りにしていく方が安心です。

クールビズスタイルで行く場合にはノーカラー、襟なしのシャツ、スキッパーカラー、第一ボタンがないブラウス、レギュラーカラーのシャツなどを着用します。
ノージャケットの場合には、ブラウスがメインとなりますので、面接先がアパレル系の場合ノーカラー、IT企業、商社という場合はスキッパーカラー、公務員、金融系という場合にはレギュラーがベストです。