土木・造園

土木・造園施工管理技士

      土木・造園施工管理技士 はコメントを受け付けていません。

土木施工管理技士になるには

土木施工管理技士は建設工事作業の手順や進行をチェックし、適切な方法とスケジュールで施工をしていくことができるようにしていくための管理業務をする仕事です。

土木系の資格の中でも管理業務を行うことができる非常に有効な資格であり、取得をすることで数多くの現場の責任者になることができます。

土木施工管理技士の資格には1級と2級があり、どちらを取得するかによって担当することができる現場の規模が異なります。

試験を受けるためには受験要件があり、大学など学校を出たあとに学歴によって定められる所定の実務経験を積むことで受験をすることができるようになります。

試験では学科と実地試験とがありそれぞれで合格点以上を取得することで資格を得ることができます。

試験では土木工学の他、鋼構造物の塗装や薬液注入など多分野からの出題があります。

造園施工管理技士になるには

造園施工管理技士は造園工事における施工計画から安全管理までを取り仕切るための仕事です。

従事するためにはあらかじめ国家試験に合格をしなくてはならず、責任者となって造園工事をしていくためには必須の資格となります。

資格試験は1級と2級がありそれぞれ担当できる造園工事の規模が異なります。

資格試験には受験要件があり、2級・1級それぞれ大学など学校卒業後に所定の実務経験を積むことにより受験資格を得ることができます。