ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニア

      ネットワークエンジニア はコメントを受け付けていません。

オンラインでの接続インフラを設置するための仕事

ネットワークエンジニアとは、私達が個人や仕事で利用するインターネットなどの通信環境を構築するための仕事を行うエンジニアのことです。

IT系エンジニアの中でも最も有名なのは「システムエンジニア」ですが、こちらは個別の機器で動作をするソフトウェアを作成するためのプログラミングの構築が主な仕事となります。

一方ネットワークエンジニアはそうした個々の端末で使用をするソフト部分ではなく、通信をするというハード面の設備を整えるための仕事を担当します。

実際の業務ではコンピューター同士をスイッチやルーターなどの接続機器を使って通信ができるように設定していきます。

なおネットワークを設置するといってもネットワークエンジニアが電気工事事業者として配線工事をしたりするということはありません。

社内のネットワークを安全に保つのも業務

ネットワークエンジニアは、最初に社内のネットワーク環境を適切整えるだけでなくその後のネットワーク状況の保守点検も同時に担当していきます。

ネットワークエンジニアの主な業務とされているのは大きく「設計」「構築」「運用」「保守」の4つで、まず設置をしたい会社や団体の端末使用状況を調べてそこから最も適切と思われる接続環境を作っていきます。

業務でネットワーク端末を使用する場合にはどうしても人員の移動によって増減が起こったりしてきますので、そうした場合にもネットワークエンジニアが設定を切り替えて使用しやすい環境を作っていきます。

ネットワークではしばしば何らかの障害により通信が不可能になったりすることもあるため、そうしたトラブルが起きた時に迅速に対応をして正常に業務をしていくことができるように復帰作業をしていきます。

ネットワークエンジニアになるための資格・技能

ネットワークエンジニアはシステムエンジニア同様何らかの資格がなくては就業ができない仕事というわけではありません。

ですがネットワークシステムを設置するためにはプログラムの基本を理解していなければならないこともあり、ほとんどの人は事前に資格を取得してから就業します。

ネットワークエンジニア向けの資格としてもっとも実用的なのが情報処理技術者試験の一つとして行われている「ネットワークスペシャリスト試験」です。